転職

【評判通り】MS-Japanは登録する価値がある理由を実体験から話します

ms-japan

この記事はこんなお悩みを持つ方におすすめです。

「管理部門に転職のために転職エージェントに登録しようかと思うけど、MS-Japanの評判ってどうなんだろ。No.1を宣言してるけど本当かな。実際に登録している人の体験談を聞きたい」

この記事の内容

・MS-Japanは評判どおり登録する価値がある理由
・MS-Japanに登録するときの注意

こんにちは、まるです。
今回は管理部門に特化した転職エージェントの「MS-Japan」について書いていきたいと思います。

私自身が

・3年前にMS-Japanを使って今の会社に入社
・人事としてもMS-Japanから採用した経験あり
・現在もMS-Japanに登録中

という経歴を持っているので、MS-Japanを実際に利用してみた感想をより説得的にお伝えできるかと思います。

是非参考にしてください。

MS-Japanは評判どおり登録する価値がある理由

ms-japan1

タイトルのとおり、MS-Japanは登録する価値があります。

理由はこの4つです。

・求人の質がいい
・担当者が職種に詳しい
・サンプルの職務経歴書の質が高い
・転職をゴリ押ししてこない

求人の質がいい

トップページにも書いてあるとおり、MS-Japanは管理部門・士業に特化しているので、余計な求人が混じったりしていません。なので、自分に関係のない求人を排除する作業時間がありません。

また、次の項目と同じですが、担当者専門分野を持っていて、各職種に詳しいから求人の要件が分かりやすいです。
例えば、法務だと「法務経験〇年以上」といったざっくりとした要件ではなく、「法務のうち、〇〇の経験〇年以上」といったより分かりやすい形にしてくれています。

担当者が職種に詳しい

「キャリアドバイザー紹介ページ」に書いてあるとおり、各アドバイザーが得意な職種を持っており、自分の希望する職種に応じてその得意な人を割り振ってくれるので、職種の中でもどういった方向性が合うか(人事でいうと大量に採用するタイプか、じっくり吟味して一人ずつ採用するタイプかなど)を検討し、オススメしてくれます。

また、企業規模や業界の中での職務内容の違い(大企業の人事だと○○だけど、中小企業の人事なら○○です、など)にも詳しいので、同じ職種であっても本当に自分に合った企業を紹介してくれます。

職務経歴書のサンプルが職種別で詳しい

当然ですが、転職においては職務経歴書がかなり重要です。人事からすれば、「印象」という抽象的な評価を排除して客観的に実力を評価できるのが職務経歴書です(もちろん印象も重要ですが)。

MS-Japanでは下の画像のとおり、職種別で職務経歴書のサンプルを用意してくれています

ms-japan-syokumukireki

しかも、職務経歴書のサンプルに担当業務の書き方の例を書いてくれているのですが、それぞれの職種に詳しいだけあって職種ごとに網羅的に業務例を記載してくれているので自分が行っている業務を書き忘れることがありません。

また、各職種ごとにアピールすべきスキル、アピールの仕方、どのくらいの分量で書くべきかを書いてくれているので、サンプルにしたがって書けば自分のこれまでの経歴を適切にアピールできます。

転職をゴリ押ししてこない

MS-Japanでは転職のゴリ押しをしてきません。

転職エージェントは紹介した人が入社すれば、その人の予定年収の30%から50%を成功報酬として企業から受け取ります。
例えば紹介した人が入社した会社で年間400万円貰うとなれば、120万円から200万円が転職エージェントに支払われます。

このように報酬が高額なので、転職や入社をゴリ押しする転職エージェント会社もあるのですが、MS-Japanではまったくそんなことはありませんでした。

やりとりはほとんどメールのみにしてもらえましたし、「1年後に転職するつもりです。」とお金にならない客であることをアピールしても、「こういう案件が多いので、1年で○○のスキルを身に付けましょう」と親身になってくれました。

MS-Japanを利用するときの注意点

ms-japan2

MS-Japanは登録する価値がありますが、注意点もあります。
それがこの3つです。

・求人の数が多いわけではない
・問い合わせしないと企業名が分からない
・マイペースが微妙に使いづらい

求人の数が多いわけではない

MS-Japanが持っている求人数がめちゃくちゃ多い、ということはありません。

担当者が言うには、ある程度紹介している求人数を絞っているとのことなので、転職エージェント大手のリクルートやdodaに求人数は劣ります。

とは言っても、転職活動をするのに転職エージェントを1つしか登録していないというケースは少ないので、リクルートやdodaと併用すれば実質的に問題にならないかと思います。

問い合わせしないと企業名が分からない

これは私も登録してからびっくりしましたが、MS-Japanに登録した後、自分で求人を検索しても企業名が分かりません。
反対に、登録することによってMS-Japan側から企業を紹介されるようになりますが、その時は企業名が明かされます。

要するに、

MS-Japanからの紹介→明かされる
登録者が検索→明かされない

ということです。

どういう理由でそうなっているかは正直分かりませんが、企業が明かされないのは最初は不便でした。

もっとも、問い合わせすればすぐに教えてくれますし、企業名というブランドに影響されず、仕事内容や待遇だけを見て選ぶことができるので、今となっては悪くないとも思っています。

マイペースが微妙に使いづらい

これは慣れの問題もありますが、MS-Japanはマイペースが微妙に使いづらいです。
具体的には、下の注意書きのとおり、求人検索を使うときにブラウザバックをするとエラーになってしまいます。

ms-japan-back1

私はブラウザバックが癖付いてるので、毎回ブラウザバックしてエラー表示されてしまうと、イラッとしてしまいます。
無料で使うことができるので、ここはもう慣れるしかない部分ですね・・・。

まとめ:管理部門に転職するならMS-Japanは必須

MS-Japanはやや使いづらさはあるものの、それ以上に登録する価値のある転職エージェントです。

無料であることを考えると、転職活動中の人もそうでない人も登録をしておいて損はありません。

より自分にマッチした会社探しにMS-Japanを利用してみてください。

今回は以上です。